ワオラボとは?

ワクワク、ドキドキしながら
プログラミングの世界を体験

今話題の、プログラミング。
ワオラボでは、パソコンやタブレットを使って、小型のコンピューターに指令を書き込み、
モーターを動かしたり、LEDを光らせたり、音を出したり。。。
さらに3DプリンターやCADを使い、デジタル工作でサッカーをするロボットや、
自動運転カーなど、自分だけのロボットを作って動かします。
子どもたちは、時間を忘れて、課題に挑戦。
プログラミングの基礎から応用までをしっかり習得できます。

なぜ、いま「プログラミング」なの?


2020年から小学校で必修化されると、今、話題の「プログラミング」。
これを基礎から応用まで、幅広いカリキュラムの中から自分に合ったものを選び、
無理なく、楽しく学べるのがワオラボのプログラミング教室です。

文部科学省 新学習指導要領のひとつのテーマは、「“主体的・対話的で深い学び”の実現」。
その学習手法である、「アクティブラーニング」に今、注目が集まっています。
「プログラミング」は、この「アクティブラーニング」ととても相性が良く、
子どもたちが主体的に深く学ぶのに適しています。

ワオラボは、プログラミングと、デジタル工作による
ロボットを取り入れた独自のカリキュラムを開発。
一人ひとりに与えられた課題と自ら向き合い、試行錯誤を繰り返します。
ネットや本で調べたり、仲間同士で助け合ったり、喜び合ったり・・・
従来の学習塾や習い事の概念を覆す、賑やかで活気に溢れた授業を行っています。
ワオラボは、「プログラミング」の習得だけではなく、
≪自ら学んでいける人材≫の育成を目指しています。

運営:株式会社ワオ・コーポレーションについて

ワオ・コーポレーションは能開センターなど学習塾運営をはじめとする教室事業を軸に、エンターテインメント事業、ソリューション事業、ライフサポート事業を全国規模で展開しています。